メンズとレディースに人気のtシャツ|定番アイテムをオシャレに変身

様々な素材を活用する

衣類

革製品のはぎれで手芸を楽しむ際、手縫いの場合は特にケガに注意しましょう。厚地のものはミシンを使うと楽に縫う事が出来ます。革は高価なものが多いので、最初のうちは手芸用品店にて販売されている、比較的安価な合皮素材を活用するようにしましょう。

詳細

刺繍の技術も進歩している

女性

お気に入りのロゴを刺繍

最近のおしゃれの人は、レディースでもメンズでもシンプルなデザインの洋服やバックなどに自分だけのオリジナルなアイテムを加えて、自分らしさを出す人が増えています。小物やアクセサリーを付けるおしゃれな演出もありますが、オリジナル刺繍をして自分だけの作品作りも楽しいです。オリジナル刺繍をしてくれるお店も増えましたので、tシャツなどの様々なアイテムにオリジナル刺繍をしてくれます。ほとんどの生地や素材にオリジナル刺繍はできます。洗濯などをした時に縮みやすい素材には、オリジナル刺繍をしてしまうとお手入れが大変なので注意して下さい。基本的には、普通に洗濯可能なアイテムにオリジナル刺繍をするとお手入れも楽ですし、使うのも気軽に使えるので活用の幅が広がります。

気軽にバックや帽子に刺繍

オリジナル刺繍が初めての場合は、バッグや帽子などの小物で練習してみましょう。トートバックも今年は流行りです。イニシャルやロゴ、キャラクターなどのワンポイントを入れるだけで、世界で一つだけのバッツが完成します。帽子には、植物や幾何学模様など、エレガントなデザインのオリジナル刺繍を入れるのも良いでしょう。オリジナル刺繍を入れるだけで周りとは違ったおしゃれを楽しむことができます。最初に小物でオリジナル刺繍をして楽しんだら、だんだんtシャツやジャンパーなどの大物も挑戦してみるとおしゃれ感がアップします。tシャツであれば、メンズとレディース両方兼用することも可能なので、恋人同士でシェアするとファッションの幅が更に広がります。また、贈り物などにも喜ばれますので、ハンドタオルなどにお友達の名前をオリジナル刺繍した物をプレゼントしても喜ばれます。お子さんの名前を入れても落とし物予防対策としても使えます。

刺繍でオリジナル感を出す

シャツ

オリジナル刺繍を入れると気には刺繍の面積や糸の数で価格が高くなるので、注意しましょう。刺繍はプリントよりも耐久性があるのが魅力であり、見た目にもインパクトを出せるのです。さらにデニムなど素材にかかわらず縫い込めます。

詳細

クラフト初心者にもお勧め

シャツ

革のはぎれは、初心者にも扱いやすいクラフトアイテムです。切るだけでコースターが出来上がり、インテリア小物としても使えます。扱いに慣れたら、革用縫い針と糸を使ってパスケースを作ってみるのも良いでしょう。ショップに型紙が用意されていることもあり、コインケースやペンケースを手作りするのもお勧めです。

詳細